エクステリアの基礎知識

Exterior knowledge

外構・ガーデンなどの店(発注先)選びで最も重要なことは、5つの情報をできるだけ飛ばすことなく順番に得ていくことだと述べました。その具体的方法を示す前に、5つの情報についておさらいすることにしましょう。1つめの情報の特性・・・非常に入手しやすいが、その店に対する正しい判断材料にはなりにくい。特に注意すべきはホームページで、情報量は豊富だが、店舗(企業)実態とは異なる演出がいくらでもできます(極端な場合、実情が悪くても店が一流店のように装うことも可能である)。

こうして、1つ目の情報の特性を確認すると、同情報のみをひたすら集め、2つ目3つ目の情報を飛ばすことが如何に危険であるかが分かります。

そしてなにより、外構、ガーデンは非常に大きな買い物。加えて
オーダーメイドに近いものです。
オーダーのスーツを買うとき、ネットとメールのみでのやり取りで購入することなんて稀ではないでしょうか。

だからこそ、1つ目の情報を確認した後は、必ず2つ目、3つ目の情報を得るようにしてください。ホームページなどのネット系の情報が悪いと言っているのではありません。と言うよりも、ローコストで手軽に得ることができる極めて有効性の強い情報であることは言うまでもありません。ただ、あくまでも、次のステップのためのベース情報であることをお忘れなく。

2つ目の情報の特性・・・その店のスタッフとあまり接触せず、来店して得る情報。もう一歩踏み込む前にチェックすべき極めて重要な情報。ただし、外構、ガーデン、住宅リフォーム、新築などの世界では、この情報を入手しにくい店舗が多い。

2つ目の情報は極めて貴重です。なぜなら、その店のスタッフとの接触頻度が少ないため、チェックしにくい部分もありますが、お客様自身の目で店の評価ができ、しか も疑問点が多ければ殆どリスクなくノーを突きつけることができるからです。ただし、前記のとおり、外構、ガーデン、住宅リフォーム、新築等の店(企業) は、この情報が入手困難なところが多いのです。しかも、その中にもレベルの高い店(企業)も多数含まれています。このような場合は、仕方がないので3次情報取得へと動かざるを得ません。

(当店の場合は大体2ヶ月に1度のペースで何かしら当店を知っていただくためのイベントを開催しています。) なお、各種企画や物販等の機会を作ったり、展示コーナー等を設置したり等2つ目の情報が得やすい店舗は、地域の方に対して積極的な接触を持とうとしている表れです。
そういう機会はぜひ参加してみて、お客様自身の目で「評価」をし、いざという時相談できる「かかりつけ」のお店を作っておくことも大きな買い物をするときは重要です。

2022/04/28

コメントは受け付けていません。