モデルプラン

Model plan

図面を製作したものののっぴきならない理由でプランのご提案前に没になってしまったあるあるリフォーム事例です。。。

鋳物フェンスで囲まれたフォーマルなイメージの洋風外構。庭と呼べるスペースは唯一この鋳物フェンスで囲まれたレンガ敷の空間。
お好みはカントリーテイスト。でも現状はフォーマル。そして床に埋まった散水栓が使いにくい。そこでこんなプランはいかがでしょうか。

施工前

はき出し窓があり、レンガタイルの上にアルミ鋳物フェンスに囲まれたレンガ敷のお庭。いわゆるフォーマルスタイルの洋風エクステリア。
しかしながら一般的に鋳物フェンスはこのように透過率が高いため、視線が気になり限られた空間に作られたせっかくのテラス空間が使いにくいという欠点があります。
あと蛇口問題。
散水栓(床に埋まっている)水栓のため今後の庭造りを考えると非常に使いづらい。
そして致命的な欠陥。。。

カントリーがすき。。。

そこで。。。。このようなご提案をご用意しておりました。
ご覧ください。

プランイメージ

木目の見える白いイメージの目隠し。
フォーマルな印象をなくし、道路からの視線高さを意識した約1m程度の木材を立てています。
これは「白い枕木風」というお客様からのご依頼があったものの、枕木は白蟻や腐り易さのためあまりオススメできない、ウリンやマニルカラといったハードウッド類は幅広の材が無く、また地の木の色が濃くて白の塗装がのりにくい。。。

そこで今回反り・曲がりが少なく幅180mmの材があり、元の色が薄くて木目の見える白塗装にぴったりなレッドウッドをご提案しています。
ただしレッドウッドはハードウッドほど土の腐朽菌に強いわけではないので、根入部分をアルミ巻き加工しておくというご提案。

そして散水栓も同じ材木で作り、散水栓設置の際、床面のハツリ工事があるので少し大きめにはつり、化粧砂利を入れ、自然透水タイプのパン代わりになるご提案。蛇口は二口タイプでホースを外さなくても手洗いやバケツの水を入れることができるように。
 花壇スペースを拡張すると費用も発生するので、カントリーテイストの鉢植えにオリーブを植え配置し、レッドウッドはチェーンアイテムでカントリーっぽさをよりアップ。

フォーマルガーデンが一気にカントリーテイストガーデンに生まれ変わるプランです。
約50万円程度のリフォームプラン。既存物をできる限り生かしつつ、空間のイメージをリフォームして、なおかつストレスも軽減。
そんなリフォームアイデアです。

レッドウッドについてはこちら。


白塗装のレッドウッド施工事例はこちら。


限られたせっかくの庭スペースです。
ストレスフリーでお好きなテイストの空間に仕上げませんか???

コメントは受け付けていません。